浮気行為における背徳感で刺激を得る五十路妻

浮気行為における背徳感で刺激を得る五十路妻

欲求不満となってしまった五十路手前の奥様が背徳感に刺激を求めてしまう熟年夫婦の性の営みとなります。今まではどんなに営みをしなくても浮気なんて考えられなかったのに、長年蓄積された淫欲を抑えることができなくなってしまったのだろうか。奥様の性欲は刺激を求めるために夫以外の男根を求めてしまうのであった。豊満な身体からは女のフェロモンが漂ってしまい、男の股間を刺激してくれると共に期待と興奮で完熟したアソコからは愛液が溢れんばかりにヌレヌレになってしまうのでした。

カテゴリー: 熟年夫婦の性の営み   パーマリンク

コメントは受け付けていません。